外資系コンサルティングファームとはどういった企業か

企業の特徴などについて

外資系コンサルティングファームとは、企業が抱えるさまざまな課題に対して、問題を解決するまで導く会社のことをいいます。外資系コンサルティングファームは、大手企業から中小企業までさまざまな形態があり、そこで働く人々は、専門性のある高いスキルと問題解決能力を持っています。また給与水準が高い分、入社ハードルが高いという特徴もあります。転職の門戸は低いように感じますが、経験やスキルのある中途採用者を積極的に受け入れているところもあるので、しっかり調べることが大切です。外資系コンサルティングファームには、総合系や戦略系、企業・事業再生系やIT系などさまざまな種類があります。他にもマーケティング系や人材系などに種類が分かれています。

それぞれの種類の特徴について

外資系コンサルティングファームは対応する業務によってそれぞれ種類が異なり、その特徴も違います。総合系コンサルティングファームは、企業の事業戦略からITシステムの構築まで幅広くサービスを展開している会社です。戦略系コンサルティングファームは、世界を股にかけている大企業を中心にさまざまな戦略を打ち出しています。企業・事業再生系コンサルティングファームでは、特定の業界に特化してリスクマネジメントやweb活用などを提案しています。IT系コンサルティングファームとは、システムを活用してその構築法やITを使ったビジネスの提案に特化している会社です。マーケティング系コンサルティングファームは、広告を活用したマーケティングの提案に特化した会社です。