労働時間や休暇制度の待遇が良い!

フレックスタイム制が導入されている企業が増加中

外資系企業は、日本の企業と比べると社員のハードワークを防止するために様々な対策が行われているところが多くあります。たとえば、欧米に本社がある外資系企業の中には、様々な分野の優秀な人材を確保するために、新たにフレックスタイム制を導入して、個々の社員がライフスタイルに合わせて働けるようにしているところが増えています。また、特殊な知識や技能を持つ社員に限定して、正社員の待遇で短時間勤務や自宅勤務を認めている企業も少なくありません。そこで、外資系企業の柔軟な働き方にあこがれている場合には、興味のある企業の採用セミナーや転職相談会に出席したり、多様な働き方を選ぶ社員が多い企業の取り組みに目を向けたりすることがおすすめです。

女性の管理職が活躍している外資系企業では長期休暇が取りやすい

女性の管理職が活躍している外資系企業においては、出産や育児がキャリア形成のハンデとならないように、独自の長期休暇の制度を設けているところが目立ちます。また、女性だけでなく男性社員の育児休暇の取得率を高めるために、それぞれの部署の人材確保の方法を見直したり、社員間の役割分担を明確にしたりする企業も増えています。最近では、育児休暇の後に職場復帰を希望する社員を対象に、人事担当者やキャリアコンサルタント、社会保険労務士などが中心となって職場復帰プログラムの作成をするところもあり、安心して元の職場で力を発揮することが可能です。その他、子どもが小学校に入学するまでの間、職種や雇用形態、勤務時間などを自由に選べるようにする企業も珍しくありません。