外資系金融の特徴

世界最大規模の外資系金融で働きたい人のために

世界の上位を独占しているのが、アメリカの金融機関です。世界のトップエリートたちが集まる機関であることから、タフな仕事を要求されるのが特徴です。仕事に見合った高い給与が得られ、社内はまさに外国そのものといえる環境にあります。外資系金融機関のトップクラスはほぼ米系投資金融会社によって占められていることから、国内の金融機関とは大きく雰囲気が異なります。外資系金融機関はグローバル企業なので、シェア率が高く、仕事の案件も多数抱えていることから、合理的に効率よく仕事をこなすことが求められるのが外資系金融機関の特徴です。毎年多くの有用な人材の獲得に力を入れていて、それは途中採用においても同じことが言えます。

世界の動向に常に敏感な人材が求められる

外資系金融機関は世界の大きな動きと常に連動しています。例えば、日本の大手企業が台湾の企業に買収されたことで、世界的に大きな衝撃を与えました。その裏で積極的に動いていたのが他でもないアメリカの金融機関だったのです。企業買収も一つ一つの規模が大きく、動く金額も他に類を見ないほど巨額です。そのため、外資系金融機関で働きたいと考えている人は、常に世界の動向に敏感であることが求められます。金融業界は世界情勢と常に連動していることから、政治や社会の動きを見る機微が求められます。外資系金融機関が優秀な人材を積極的に採用している背景には、そうした世界情勢への勘の良さを持ち合わせている傾向が強い事がわかるからです。